ラフマニノフ:楽興の時 作品16から第4曲-ニコライ・ルガンスキー

演奏:ニコライ・ルガンスキー(ピアノ) Nikolai Lugansky
曲目:楽興の時 作品16から第4曲 Moment Musical Op. 16 No. 4
作曲:ラフマニノフ Sergei Rachmaninov

《楽興の時》はラフマニノフ中期に作曲されており、《前奏曲集》作品23や練習曲集《音の絵》作品33において磨きをかけることとなる内声部の基礎を作った。

第4番 ホ短調「プレスト」。ショパンの《前奏曲》などに着想を得て、濃密な旋律の爆発を綜合している。

ここでのルガンスキーの演奏はCD録音ではなくライブ。エラートのCDの音がなんだか切れがなく、響きももやもやして感じましたが、これを聴くとそれは彼のせいではなく、録音のせいであったようです。


投稿者: rachmaninif |

    この曲のCD(アマゾン) 無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ 2011/05/08 04:55 ] ラフマニノフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pianom.blog79.fc2.com/tb.php/155-5b6a6352