ベストオブクラシック -アンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル

2011年 5月 6日(金)のベストオブクラシック(NHK-FM)はアンドラーシュ・シフ ピアノ・リサイタル。

東京・紀尾井ホールで行われた来日演奏会から。

ベートーヴェンの後期3大ピアノ・ソナタを中心にしたプログラム。

そのあとはアンコールでしょうが、期待どおりにバッハの曲を弾いてくれています。

美しさや歯切れの良さだけでは乗り切れない後期3大ピアノ・ソナタを彼はどう料理したのか?

「ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109」      
                      ベートーベン作曲
                      (19分25秒)
「ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 作品110」     
                      ベートーベン作曲
                      (19分48秒)
「ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111」      
                      ベートーベン作曲
                      (26分50秒)
「平均律クラヴィール曲集 第2巻から 第1番 ハ長調    
                  BWV870」バッハ作曲
                       (3分53秒)
「3声のシンフォニア ヘ短調 BWV795」   バッハ作曲
                       (3分32秒)
「平均律クラヴィール曲集 第2巻から 第11番 ヘ長調   
                  BWV880」バッハ作曲
                       (5分05秒)
               (ピアノ)アンドラーシュ・シフ
  ~東京・紀尾井ホールで収録~        

    この曲のCD(アマゾン) 無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ 2011/05/04 15:32 ] ピアノ番組ガイド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pianom.blog79.fc2.com/tb.php/165-4e487451